マルメロから加世以多へ

■この花、何だかわかりますか。

 何と、マルメロの花です。ミカンの一種、梨の一種として考えていいのでしょうか。

 肥後は細川藩の幕府献上品の一つとして「加世以多」(かせいた)と言われる、羊羹のような干菓子です。戦前までは、走潟で栽培されていたそうですが、現在、その復元として、公民館に栽培されております。

 また、成長したら、実を取材したいと思っているところです。

コメント

このブログの人気の投稿

鰹の一本釣りの針!

自作の自在鉤

新燃岳の火山灰