「平戸うちわえびラーメン」&「焼あご入りラーメン」



■平戸鮮度市場で、上記2つのラーメンを購入しました。なぜラーメンをわざわざ購入したか、それはパッケージに見せられたからです。
 実は、うちわえびの甲羅を持っていたわけです。長崎の旅館で食べたものを持ち帰り、乾燥させていたものです。
 それで、実物大のパッケージに魅せられて購入したというわけです。
 一方の「あご入り」の方ですが、これは別名「トビウオ」です。この魚は、平戸生月産だそうです。このパッケージの箱にひれがついているわけですよ。これは総合学習の起業家教育に生かせるなーと思ったことでした。
 ちょっとした遊び心が引きつけますよね。

 というわけで、今回はこんなモノを紹介してみました。

■なお、うちわえびの方には、若干、説明がありましたので、紹介しておきます。
・平戸市宮の浦の漁師さんたちが、下北西~西(???)の約20マイル沖合の水深110m~120mで水揚げしたとありました。
(松永水産)

コメント

このブログの人気の投稿

鰹の一本釣りの針!

自作の自在鉤

新燃岳の火山灰