投稿

2018の投稿を表示しています

霧島の立体モデル

イメージ
■霧島の立体モデルです。一昨日、硫黄山という火山が噴火しました。新燃岳に続き、2つ目です。霧島がかなり活動的になってきましたね。「大造じいさんとガン」の栗野岳も近くにあります。
 そんな航空写真が新聞に掲載されておりました。そんな時、上記立体モデルが役立ちます。理科で確認させたことでした。500円くらいで、ずっと以前に、周辺の道の駅で購入したことでした。

ミニ博物館構想

イメージ
■これが本理科室の側面掲示板です。理科関連のモノを掲示してみました。全て、村上コレクションの一部です。社会科系は、我が家の押し入れにあって、理系は本校に寄付しようかと考えているところです。
 少しは、子どもたちが理系に興味を持ってくれるとうれしいです。

ダチョウの卵

イメージ
■これ、ダチョウの卵です。隣に鶏卵を置いておけばよかったのですが、軽くその10倍はありますよ。
 平戸の南部で町おこしの一環として、ダチョウの飼育が始まったらしく、その肉や卵を生産しているというわけです。平戸鮮度市場では、生が3000円、上記の殻が900円として販売してありました。
 今、鶏卵と比較して、理科室に展示しております。

「平戸うちわえびラーメン」&「焼あご入りラーメン」

イメージ
■平戸鮮度市場で、上記2つのラーメンを購入しました。なぜラーメンをわざわざ購入したか、それはパッケージに見せられたからです。
 実は、うちわえびの甲羅を持っていたわけです。長崎の旅館で食べたものを持ち帰り、乾燥させていたものです。
 それで、実物大のパッケージに魅せられて購入したというわけです。
 一方の「あご入り」の方ですが、これは別名「トビウオ」です。この魚は、平戸生月産だそうです。このパッケージの箱にひれがついているわけですよ。これは総合学習の起業家教育に生かせるなーと思ったことでした。
 ちょっとした遊び心が引きつけますよね。

 というわけで、今回はこんなモノを紹介してみました。

■なお、うちわえびの方には、若干、説明がありましたので、紹介しておきます。
・平戸市宮の浦の漁師さんたちが、下北西~西(???)の約20マイル沖合の水深110m~120mで水揚げしたとありました。
(松永水産)

フィンガープレゼンター

イメージ
●手で握るタイプではないので、とても便利です。何しろ、指にかけるタイプで、かつレーザーポインターも使えますので、超便利ですよ。