投稿

11月, 2015の投稿を表示しています

コンビニの新サービス

イメージ
■ファミマに上記のような袋がおいてありました。コンビニの新しいサービスでしょうかね? 「運ぶーんミニ」という名称です。特色は、 1)コンビニで発送・受け取り 2)専用袋(上記写真)で配送 3)手書き不要 4)500円から  ま、手書き不要といいながら、ウェブでの申し込み・支払いは必要ですが。 

箱根ロープウェイ

イメージ
■これは富士山ロープウェイの手ぬぐいなのですが、九州産業交通の阿蘇営業所で購入しました。今、箱根のロープウェイも規制がかかっているそうで、阿蘇山も同じということで、お互いにがんばりましょうということで、共同販売になった模様です。
 そこで、私も協力しようと、購入してきたことでした。何てたって、世界遺産の富士山ですからね。国語科の説明文の教材にしていこうかと思っているところです。

わが灰

イメージ
■何と、「吾輩」ではなく、「わが灰」です! 上手い!と、つい手をたたいてみたことでした。新燃岳や桜島も噴火をしたので、この灰が売られております。灰そのものの瓶詰めとか、煉瓦とかです。桜島では、「ハイ、どうぞ」という缶が売られております。これまた、上手いなーと思います。

■阿蘇山の場合は、くまモンに似せて、灰を練り固めたものです。夏目漱石になぞらえたところがいいですよね。
 灰を何にするのか、簡単です。桜島や新燃岳、阿蘇山の灰を顕微鏡で見て、違いを、火山の違いを調べるわけです!!

モクズガニ?

イメージ
■勤務校近くの山際から、何とこんな手のひら大の川カニがとれるのですよ、凄いでしょう。別に私がとったのではないのですが、モクズガニというものなのでしょうか。こんなカニがまだとれるのですね、日本の田舎?も捨てたものじゃない!!  生活科でやると、喜ぶでしょうね、子どもたち!

ザ・サケ!

イメージ
■北海道の知人から、上記の箱に入れられたサケが届きました。まるまる一匹というのは、初めて見たことでした。やっぱ大きいなというのが印象です。冷蔵庫に入りきらずに、真ん中で切っての保管でした。おいしかったです。こんなのを子どもたちに見せたいものですね。やっぱ、本物に限ります。

こっぱ餅

イメージ
こっぱ餅という商品です。これも南蛮菓子の一つなのでしょうかね? 甘藷と餅を混ぜ合わせた、着色料や保存料を一切使っていない餅ということで、天草では有名です。私も食べてみました。癖になる旨さでした。いい味です。

南蛮柿餅

イメージ
無花果のことを南蛮柿というのだそうです。1591年、天正遣欧少年使節団を引率したディオゴデメスキーダ神父が、ポルトガルから持ってきたということだそうです。上記がその菓子なのですが、おいしかったです。イチジクのあのブチブチ感があって、味もイチジクそのものでした。

■この菓子の袋裏側に、「恋の南蛮手鞠物語」という話が紹介されておりました。天草四郎は、恋人の路香(みちか)に手鞠を託して旅立ったそうで、その酸っぱさを菓子で表したということでした。お勧めです!

鯖節

イメージ
■鰹の授業をした際、「雑節」というのを知りました。鰹以外の魚で作る節?だそうで、今回紹介するのは、鯖節です。初めて見ました。天草は本渡で入手しました。作り方は、全く鰹節と一緒だそうで、そのままかじるといいということでしたので、ビールと一緒にかじってみました。
 コクがあって、おいしかったです。何か、骨が強くなったような気になりました。