投稿

3月, 2015の投稿を表示しています

塩トマト

イメージ
■八代平野のトマト(八平トマト)は全国的にも有名なのですが、中でも、この塩トマトが最近、クローズアップされてきました。
 塩トマトは、全体の1%なんだそうです。どこでそれが育っているのかもわからないそうです。
 それで、糖度計で実際に測ってみました。
通常の八平トマト 4.0  ミニトマト(不知火産アイコ)8.5  塩トマト 8.0
 という結果でした。ミニトマトは置いといて、この塩トマトの甘さがよくわかるというものです。
 名前が「太陽の子 セレブ」、そして、糖度10.0を誇るのが
「太陽の子 セレブ プレミアム」です。果実なみの甘さですよね。
 これは高いので、パスしたことでした。
 なぜ、これまで見向きもされなかったのか、それは皮が固く、市場では嫌われたかららしいです。
 しかし、ここへ来て、セレブ?が買い求め始めて、高価になっていったようです。
 もともと、八代平野は干拓地でして、江戸時代の藩の財政を立て直すための「新田開発」で登場したものです。
 前の海岸線(縄文時代)は現在の国道3号線か、JRの線路沿いです。
それでもともと塩分濃度が高い土地だったわけで、トマトが塩分を含んだ水分を吸わなく、その分、甘さが際立ったということらしいです。
 この八代の地では、教材開発が生きそうですね。地域教材として。

八千代座&嘉穂劇場

イメージ
■上は八千代座、下は嘉穂劇場です。こんな 手ぬぐいですが、授業での提示用にはいい教材になると思うのですがね。上のマークは、八千代座の当初の株券の絵柄ということでしたが。 ■規模は、嘉穂劇場が大きいのですが、どちらも立派です。

よりより!

イメージ
■よりよりという菓子ですが、何とDNAの螺旋構造に似ていると思いませんか? これは説明にちょうどいいお菓子と思うのですが、いかがでしょうかね? 

カレーライス

イメージ
■光村図書の小学6年国語科の4月単元に「カレーライス」という単元がありました。今もあるでしょうか。これは、偏に、子どもから大人への成長を謳った物語です。父親と息子が2人で作るカレー、今まで同じように甘口で作ろうとする父親に、辛口で挑む息子の姿がありました。それが、大人への成長というわけです。

■さて、この広告にこうあります。

「大人になる我が子と味わう、ZEPPIN大人の春カレー」

 まさしく、上記主題と一致です。合致です!!
 さらに、綴ってありますよ。

「子どもたちが高校や大学、新社会人へと、新しいステージに進むこの季節。そんなご家庭の食卓にぴったりなのが、今までのおうちカレーとは違う 大人向けなZEPPIN(絶品)のひと皿です。」

とあるではありませんか。主題の通りです。これを最後の閉めにもってきてはどうかと思うのですが!!

ムツゴロウ&ワラスボ

イメージ
■新聞でも紹介されましたが、有明海のエイリアン、ワラスボがグロテスクでした。こういってしまうと、かわいそうなのですが、ムツゴロウもワラスボに似ていますよね。干してみると、よくわかります。
■ムツゴロウは有明海の埋め立て等々で、数が減少しているので、道徳の学習に使えます。確か、「ムッちゃん」という物語を小学生が書いて話題になったことがありましたが、私もこれを教材化して授業したことがありました。その際に使えるモノです!