投稿

2月, 2015の投稿を表示しています

シイの実

イメージ
■シイの実って、ご存じですか。私が小さい頃、父と裏山へシイの実を取りによく行っていました。父が教えてくれました。シイの実にかじったあとがあるだろう、それは、リスとか狸とかの小動物が食べた後だと。 ■それを持ち帰って、フライパンで煎って食べておりました。今では山も荒れ果て、教職についてから1回しか行かずしまいでした。  今日、初午大祭でしたが、5大稲荷の高橋稲荷に行ってきたのですが、出店でたった1つだけ、このシイの実を売っているではありませんか。珍しくて、1袋買ってみました。何と、500円! 高!! ■早速、食べてみました。硬いのもあったのですが、香ばしい、昔を思い出させてくれる味でした。 生活科でどうでしょうか。ドングリはあく抜きをしないと食べられませんが、このシイの実は即食べることができます。 ドングリにもいろいろな種類があることを教えたいですね。そして、人間にもいろいろな人がいるんだよーと。

ジビエ料理

イメージ
■金峰山周辺で害獣となっているイノシシ肉を使ったジビエ料理を食べに行ってきました。西区フェスタです。テナント最初から、焼き豚ならぬイノシシの丸焼きが披露されておりました。その場で削って、試食するコーナーでした。
■次は、下処理されたイノシシ肉を串焼き、角煮、シシ汁等々で1セット500円という格安で食すことができました。私も早速挑戦してきました。臭いという話をよく聞くのですが、そんなことはなかったです。

■今や、食料自給率が39%の時代、これら手つかずの害獣を流通経路に載せれば、農村も変化してくるのではと、素人の私は考えた始末でした。
 一昨年は、大分へ、イノシシ肉のチャーシューが入ったラーメンや鹿肉のサイコロステーキも食べに行きました。昨年は、市内中心部のレストランで鹿肉のステーキを食べてきたことでした。
 こうやって、まずは「食べる」ことから初めていかないと、市場開拓は無理ですよね。皆さん、いかがですか。