投稿

2015の投稿を表示しています

カカオ豆

イメージ
カカオの画像というと、「ガーナチョコレート」が最先端でしたが、今では多くの会社がカカオ豆を採用しております。この明治の「こく深カカオ」というチョコレートは、カカオ含有率62%です。このシリーズは2種あって、もう1つ、別の種類がありますが、カカオ豆の写真の様子は、色違いとなっております。
■今では、アレルギー物質の表示までついております。過去になかったことですね。時代は変わりましたね。

銅銭糖

イメージ
銅銭糖です。たかがそれ、されどそれ!ということになります。これからわかることは何でしょう。つなぎ目です。つなぎ目があることに気付くと思います。つまり、この商品自体から作り方が見えてくるわけです。ここがポイントですね。 もちろん、巻紙から、工場名、電話番号等々の情報が入手でき、電話でのアクセスというのが可能となるというのはあります。が、それ以上に、作り方まで想像できるか、ということですね。こんな所に気をつけて見ていけると、物を見る目が身につくと思いますよ。

柿の種!

イメージ
■画面は柿の種です。ビールのつまみではありません。正真正銘の本物?です。柿の実を包丁で切った時、こんな風になることはありませんか。やろうと思ってやると、これがなかなかできません。しかし、何の気なしにやると、こんな感じで、きれいに真っ二つ!
■これで何が言いたいかって、それは、これで種の内部の学習ができるということです。胚乳と胚がきれいに見えております。ついでですが、若干、ほんの少しきれた種を発芽させてみたのです。これではもう不可能ですが、若干、切れた種は、何と芽が出るのですね。しかし、きれいな種からは芽が出てきません。
 これまた、神秘だと思えませんか。危機感を与えると、芽、いやそれこそ目が開くのかもしれませんね。

コンビニの新サービス

イメージ
■ファミマに上記のような袋がおいてありました。コンビニの新しいサービスでしょうかね? 「運ぶーんミニ」という名称です。特色は、 1)コンビニで発送・受け取り 2)専用袋(上記写真)で配送 3)手書き不要 4)500円から  ま、手書き不要といいながら、ウェブでの申し込み・支払いは必要ですが。 

箱根ロープウェイ

イメージ
■これは富士山ロープウェイの手ぬぐいなのですが、九州産業交通の阿蘇営業所で購入しました。今、箱根のロープウェイも規制がかかっているそうで、阿蘇山も同じということで、お互いにがんばりましょうということで、共同販売になった模様です。
 そこで、私も協力しようと、購入してきたことでした。何てたって、世界遺産の富士山ですからね。国語科の説明文の教材にしていこうかと思っているところです。

わが灰

イメージ
■何と、「吾輩」ではなく、「わが灰」です! 上手い!と、つい手をたたいてみたことでした。新燃岳や桜島も噴火をしたので、この灰が売られております。灰そのものの瓶詰めとか、煉瓦とかです。桜島では、「ハイ、どうぞ」という缶が売られております。これまた、上手いなーと思います。

■阿蘇山の場合は、くまモンに似せて、灰を練り固めたものです。夏目漱石になぞらえたところがいいですよね。
 灰を何にするのか、簡単です。桜島や新燃岳、阿蘇山の灰を顕微鏡で見て、違いを、火山の違いを調べるわけです!!

モクズガニ?

イメージ
■勤務校近くの山際から、何とこんな手のひら大の川カニがとれるのですよ、凄いでしょう。別に私がとったのではないのですが、モクズガニというものなのでしょうか。こんなカニがまだとれるのですね、日本の田舎?も捨てたものじゃない!!  生活科でやると、喜ぶでしょうね、子どもたち!

ザ・サケ!

イメージ
■北海道の知人から、上記の箱に入れられたサケが届きました。まるまる一匹というのは、初めて見たことでした。やっぱ大きいなというのが印象です。冷蔵庫に入りきらずに、真ん中で切っての保管でした。おいしかったです。こんなのを子どもたちに見せたいものですね。やっぱ、本物に限ります。

こっぱ餅

イメージ
こっぱ餅という商品です。これも南蛮菓子の一つなのでしょうかね? 甘藷と餅を混ぜ合わせた、着色料や保存料を一切使っていない餅ということで、天草では有名です。私も食べてみました。癖になる旨さでした。いい味です。

南蛮柿餅

イメージ
無花果のことを南蛮柿というのだそうです。1591年、天正遣欧少年使節団を引率したディオゴデメスキーダ神父が、ポルトガルから持ってきたということだそうです。上記がその菓子なのですが、おいしかったです。イチジクのあのブチブチ感があって、味もイチジクそのものでした。

■この菓子の袋裏側に、「恋の南蛮手鞠物語」という話が紹介されておりました。天草四郎は、恋人の路香(みちか)に手鞠を託して旅立ったそうで、その酸っぱさを菓子で表したということでした。お勧めです!

鯖節

イメージ
■鰹の授業をした際、「雑節」というのを知りました。鰹以外の魚で作る節?だそうで、今回紹介するのは、鯖節です。初めて見ました。天草は本渡で入手しました。作り方は、全く鰹節と一緒だそうで、そのままかじるといいということでしたので、ビールと一緒にかじってみました。
 コクがあって、おいしかったです。何か、骨が強くなったような気になりました。

「海苔ノリたまご 黄身に夢中」

イメージ
■MBSラジオ「ヤンマー プレミアムライフ」という番組があり、本上まなみ氏が担当されておりますが、これがなかなか臨場感があっていいのですよ。通常、テレビとは違って、やっぱりラジオというのはハンディキャップがあるのですが、それを感じさせない番組構成だと思います。 農家なら農家、漁師なら漁師の近くまで取材に行き、音を録音してあるのですよね。これで、インタビューとは違って、臨場感が出てきます。この番組はそういう企画のアイデアにもつながると思います。つまり、どうやれば臨場感を出せるのかです。

■一方で、題名通り、自然の声が聞こえてくる良い番組だと思います。この番組に感謝!

■そのMBSラジオ「ヤンマー プレミアムライフ」という番組からプレゼントが届きました。そのプレゼントとは、ただの卵ではありません。

「海苔ノリたまご 黄身に夢中」という、熊本農業高校で作られている卵です。それまで、熊本では、商品価値のない海苔は廃棄処分になっていたのだそうです。それを養鶏飼料として利用し、それで作られた卵の商品名がこれです。
■まず、ネーミングがうまいですよね。そして、食べてみました。やっぱりおいしかったです。通常の卵と栄養分析ではさほど変化はないのですが、抗酸化作用に関する項目で高い数値が出ております。通常卵は0なのに、αカロチン、βカロチン、EPAなどの数値が高いのです。
 これは、健康にいいという裏返しですね。

ダイヤモンド誌9月12日号

イメージ
ムンクの「叫び」をデザインとしております。これは、図画工作科の「デザイン」授業の参考作として利用できます。「ダイヤモンド」誌9月12日号の特集2面開きです。ね、いいでしょう!! 特集見出しと合致しております。使わない手はないでしょう!!

鯨大和煮

イメージ
鯨の捕獲に賛成するか、しないか、これを道徳の授業、もしくは国際理解教育で討論させることがよくあります。その際、鯨のひげや耳かき(鯨の骨から作られる)、靴べら(ひげから作られる)、マーガリンなどを利用しますが、最近、この鯨の缶詰を見つけました。■購入箇所は、何と、シュガーロード上のお店でした。この缶詰、こんな表記がありますよ。

「鯨は日本の食文化 海の生物資源を大切に利用しましょう。」
「品名:ミンク鯨赤肉味付」「マル幸商事 下関市彦島西山町」
「本製品は国際捕鯨取締条約にもとづいて、(財)日本鯨類研究所が実施した捕獲調査の副産物です。捕獲海域は、南氷洋(WAO)、北西太平洋(WNP)と缶ぶた上段の左側に記載しております。」

 ね、これだけでも教材となりえていますよね!

中世荘園跡

イメージ
■大分は豊後高田市に田染の荘というのがあって、ここが中世荘園跡地というのです。
 中世荘園村落遺跡というのだそうで、宇佐神宮が大切にしたのだそうです。
 743年の「墾田永年私財法」で、原野を水田にして、宇佐神宮が支配する荘園となったのだそうです。
 神宮は、藤原道長と手を組み、九州の3分の1を支配する領主となったと、解説にあります。
「日本風景街道 別府湾岸・国東半島海べの道」というパンフに地図は詳しいです。
 宇佐神宮にも参拝してきましたが、太宰府よりかなり広いです。
■写真をとるのに、苦労しました。なかなかいいアングルがないのですよね。
棚田になっており、パンフの写真はどこからとったのだろうと、疑問はわくばかりでした。
 当日は、ほたるの館という施設で、太鼓の発表会が開催されておりました。
 この辺を行ったり来たりしていたら、展望台を見つけましたので、そこから写真をとってきたことでした。
 しかし、パンフのアングルとは違うのです。多分、山からとった写真だと思えます。今回は、車ですので、あきらめたことでした。
 集落も訪れ、寺院にも入りましたが、かなり年季の入った趣でした。

バイナリー発電

イメージ
■まつやという地熱バイナリー発電所を見たくて、伺ってきました。
バイナリー発電とは、蒸気(加熱源系統)と不活性ガス(媒体系統)の2つの熱サイクルを利用して発電することです
 温泉余剰蒸気を熱源として、不活性ガスを熱交換器にて加熱・蒸発させて、発電機内のタービンを回す方式だそうです。
 今や、太陽光発電のパネルのゴミ化が問題になっています。2039年から、その廃棄が始まるのだそうで、このゴミをどうするか、ここが大問題となっております。
 その意味では、この地熱というのは、究極のエコという気がしているのですが!
■このまつやというはげの湯温泉では、ナプキンも凝っていました。茶殻でできたものでした。初めて見ました。いい勉強になりました。
■別件で、とある飲み屋で、「コーヒー焙煎工程で排出されるコーヒー豆皮(シルバースキン)を使用しているというナプキンを使いました。いろいろとあるのだなーとつくづく感じたことでした。

楠キューブ

イメージ
楠を小型立方体にカットしたキューブを500円で購入しました。熊本市の木は楠でして、学習する際にちょうどいいです。ま、学校や神社などに、ワンサカ(いっぱい)あるのですがね。楠小学校という学校まである位ですからね。

樟脳というのを教えるためにも、匂いを嗅がせたいものです。

ファミマのパンフ

イメージ
■これは、ファミマにおいてあったパンフです。この表紙に見とれてしまいました。何と、広重の「名所江戸百景」の1つです。夏の編、「日本橋江戸ばし」という作品です。実際は、かごの中に魚が入っているのですが、さすが三越、三越のギフトが置いてあります。 ■図画工作科のデザインに使えないでしょうか。なかなかのできばえですよね。

オマールエビ!

イメージ
オマールエビというのを初めて食べました。しかし、別名を聞いてびっくりしました。別名は、ロブスターです。ロブスターならガーナで腹一杯食べておりました。オマールエビのコースが3000円でした。ガーナでは小ぶりではありましたが、焼きめし風なものに、ロブスターが5,6匹並んで500円あまりでした。いかに、日本で食べることが高いかということです。 ■これ、エビという名がついておりますが、ザリガニの仲間なんだそうです。これを生活科で1.2年生に見せたいなーと思ったことでした。ザリガニとりの前に見せたいなーと。 発問:日本にいるザリガニとどこが違うでしょうか!

みどりの日の毎日新聞

イメージ
みどりの日の毎日新聞を販売店へもらいに行ってください。見ての通り、全面緑色です。昨年まではロゴのみ青から緑でした。
今年は、全面緑です!凄いです。見えづらいかもしれませんが!

ほしあみ

イメージ
■アミです。クジラの道徳学習をよくやるのですが(食べるべきか、保護すべきか)、その際、ひげクジラのえさとなる、アミの説明として、この実物が一番わかりやすいですね。アミを干した、ふりかけというか、お吸い物に入れるというか、そんなものです。「ほしあみ」というネーミングです。

おにぎりせんべい

イメージ
■「おにぎりせんべい」がいいです。47都道府県の有名なものをパッケージに印刷してあります。これは楽しみながら、食べながら、学習することが可能になります。「おにぎりせんべい」、恐るべしです。

生米のおにぎり?

イメージ
コンビニのおにぎりではありませんよ。何と、生米です! この発想がいいと思いませんか。つい買ってしまいました。というのも、このアイデアで買いでした。道の駅に売ってあったのですが、起業家教育に生かせると思います。売るのは、そのものも大事ですが、ネーミングとかパッケージとか、そんなものも大切だという視点です。

ふき

イメージ
■これは、ふきの群生です。実は、ここの2月末は、ふきのとうだらけでした。そして、4月末、こんな状態です。ふきのとうがふきになるのか!、と新たな発見でした。いやはや。それにしても、ツワとふきの違いもわからない!! わからないことばかりです。

菜畑の桃の種

イメージ
■先日、唐津の菜畑遺跡に行ってきたのですが(末盧館)、そこに無料で置いてあった「お守り」です。効力ありそうです。なぜなら、裏にこんな説明がありました。
モモは中国原産の植物で、中国では僻邪(魔から守る)の木、薬として利用されました。稲作をもたらした人々は、モモを持ち込んだようです。モモには、花にも葉にも実にも、桃仁と呼ばれる種にも薬としての効き目があり、そのために仙果、仙木として神のものという意識がされていたようです」

桃太郎もここからきているというような話でした。なるほど、それで鬼退治かと!!

装飾図柄バッチ

イメージ
装飾古墳の図案はかなりあるのですが、これが今、使える?ようになっていて、山鹿周辺の売店では、これらの図案を利用したグッズが販売されております。それぞれに意味があるのですが、あくまでも現代人の予想です。創作者にしか、本当のところはわかりませんよね。意味深です。Tシャツもかいたかったのですが!

塩トマト

イメージ
■八代平野のトマト(八平トマト)は全国的にも有名なのですが、中でも、この塩トマトが最近、クローズアップされてきました。
 塩トマトは、全体の1%なんだそうです。どこでそれが育っているのかもわからないそうです。
 それで、糖度計で実際に測ってみました。
通常の八平トマト 4.0  ミニトマト(不知火産アイコ)8.5  塩トマト 8.0
 という結果でした。ミニトマトは置いといて、この塩トマトの甘さがよくわかるというものです。
 名前が「太陽の子 セレブ」、そして、糖度10.0を誇るのが
「太陽の子 セレブ プレミアム」です。果実なみの甘さですよね。
 これは高いので、パスしたことでした。
 なぜ、これまで見向きもされなかったのか、それは皮が固く、市場では嫌われたかららしいです。
 しかし、ここへ来て、セレブ?が買い求め始めて、高価になっていったようです。
 もともと、八代平野は干拓地でして、江戸時代の藩の財政を立て直すための「新田開発」で登場したものです。
 前の海岸線(縄文時代)は現在の国道3号線か、JRの線路沿いです。
それでもともと塩分濃度が高い土地だったわけで、トマトが塩分を含んだ水分を吸わなく、その分、甘さが際立ったということらしいです。
 この八代の地では、教材開発が生きそうですね。地域教材として。

八千代座&嘉穂劇場

イメージ
■上は八千代座、下は嘉穂劇場です。こんな 手ぬぐいですが、授業での提示用にはいい教材になると思うのですがね。上のマークは、八千代座の当初の株券の絵柄ということでしたが。 ■規模は、嘉穂劇場が大きいのですが、どちらも立派です。

よりより!

イメージ
■よりよりという菓子ですが、何とDNAの螺旋構造に似ていると思いませんか? これは説明にちょうどいいお菓子と思うのですが、いかがでしょうかね? 

カレーライス

イメージ
■光村図書の小学6年国語科の4月単元に「カレーライス」という単元がありました。今もあるでしょうか。これは、偏に、子どもから大人への成長を謳った物語です。父親と息子が2人で作るカレー、今まで同じように甘口で作ろうとする父親に、辛口で挑む息子の姿がありました。それが、大人への成長というわけです。

■さて、この広告にこうあります。

「大人になる我が子と味わう、ZEPPIN大人の春カレー」

 まさしく、上記主題と一致です。合致です!!
 さらに、綴ってありますよ。

「子どもたちが高校や大学、新社会人へと、新しいステージに進むこの季節。そんなご家庭の食卓にぴったりなのが、今までのおうちカレーとは違う 大人向けなZEPPIN(絶品)のひと皿です。」

とあるではありませんか。主題の通りです。これを最後の閉めにもってきてはどうかと思うのですが!!

ムツゴロウ&ワラスボ

イメージ
■新聞でも紹介されましたが、有明海のエイリアン、ワラスボがグロテスクでした。こういってしまうと、かわいそうなのですが、ムツゴロウもワラスボに似ていますよね。干してみると、よくわかります。
■ムツゴロウは有明海の埋め立て等々で、数が減少しているので、道徳の学習に使えます。確か、「ムッちゃん」という物語を小学生が書いて話題になったことがありましたが、私もこれを教材化して授業したことがありました。その際に使えるモノです!

シイの実

イメージ
■シイの実って、ご存じですか。私が小さい頃、父と裏山へシイの実を取りによく行っていました。父が教えてくれました。シイの実にかじったあとがあるだろう、それは、リスとか狸とかの小動物が食べた後だと。 ■それを持ち帰って、フライパンで煎って食べておりました。今では山も荒れ果て、教職についてから1回しか行かずしまいでした。  今日、初午大祭でしたが、5大稲荷の高橋稲荷に行ってきたのですが、出店でたった1つだけ、このシイの実を売っているではありませんか。珍しくて、1袋買ってみました。何と、500円! 高!! ■早速、食べてみました。硬いのもあったのですが、香ばしい、昔を思い出させてくれる味でした。 生活科でどうでしょうか。ドングリはあく抜きをしないと食べられませんが、このシイの実は即食べることができます。 ドングリにもいろいろな種類があることを教えたいですね。そして、人間にもいろいろな人がいるんだよーと。

ジビエ料理

イメージ
■金峰山周辺で害獣となっているイノシシ肉を使ったジビエ料理を食べに行ってきました。西区フェスタです。テナント最初から、焼き豚ならぬイノシシの丸焼きが披露されておりました。その場で削って、試食するコーナーでした。
■次は、下処理されたイノシシ肉を串焼き、角煮、シシ汁等々で1セット500円という格安で食すことができました。私も早速挑戦してきました。臭いという話をよく聞くのですが、そんなことはなかったです。

■今や、食料自給率が39%の時代、これら手つかずの害獣を流通経路に載せれば、農村も変化してくるのではと、素人の私は考えた始末でした。
 一昨年は、大分へ、イノシシ肉のチャーシューが入ったラーメンや鹿肉のサイコロステーキも食べに行きました。昨年は、市内中心部のレストランで鹿肉のステーキを食べてきたことでした。
 こうやって、まずは「食べる」ことから初めていかないと、市場開拓は無理ですよね。皆さん、いかがですか。

試鋳貨幣!

イメージ
試鋳貨幣というのをご存じですか。「スタンプマガジン」の説明では、「試作・未発行・不発行・見本貨幣」などが当たるそうです。 ■上記の写真は、「1銭陶貨」です。何と、戦時中、金属の代替措置として、陶器製の硬貨が発行されたのだそうです。しかし、終戦になり、幻の貨幣となったのだそうです。 ■文字は、「大日本」「壱」とあります。発問は、こんなのが考えられます。 【発問】なぜ、金属でなく、陶器でお金を作ったのでしょうか。 

全国道路キロ程図

イメージ
■キロ程図って、知っていますか。私は、とある会社のカレンダーを見て、びっくりしたことでした。 「何じゃ、この地図?」と思って見てみたら、実際の道路距離を使って作られた地図みたいでして、こんなのがあったんだーと実感したことでした。面白いなーと思いました。  ただ、まだこれだけゆがんでいる理由が今一、定かではないので、もう少し確認の必要はありますが、面白い地図に変わることはありません!